森林整備

 

人間社会にとって必要なインフラ整備である道路建設ですが、それは同時に自然からかけがえのないものを借りる事でもあります。

もちろん施工の際には、周辺環境への配慮を欠かしませんし、再生プラントに見られるように有効利用を心がけていますが、自然の被害がゼロとは言えません。
当社では、少しでも自然に"お返し"をしていこうと考え、1978年から森林整備事業を始めました。

多角経営の一環として森林産業をやろうという事ではありません。あくまでも、荒廃した山林を健康な優良林に蘇らせるのが目的です。
現在、檜山管内の今金町と後志管内の留寿都村に社有林を持ち、エゾ松・トド松・杉を中心とする計画的な植林・育林を行っています。

クマ笹が生い茂る原野に苗を植えるところからスタートして、木の成長を助ける下刈り・除間伐・害虫駆除など、一本一本に愛情を注いでいます。

  • 御影山林

  • 八束山林

  • 留寿都村

  • 間伐の様子1

  • 間伐の様子2

  • 間伐の様子3

施業方針

  1. 無立木地については、現地の生育条件等を調査し郷土樹種であるトドマツを主体に植栽し育成する。
  2. 生育が良い天然林については、現状を維持し自然環境の保全に努める。
  3. 生育が良くない広葉樹天然林については、現地の育成条件等を勘案し資源環境に十分留意し、植栽等の補助作業を実施し育成する。
  4. 立木の伐採・売却については、止むを得ない場合を除いて今後100年間行わない。
  5. 森林保護のため、有害鳥獣の駆除、および林野火災の防止に努める。
  6. 所有林の管理や林地の保全を図るため作業道の作設および治山に努める。
  7. 間伐材の有効利用に取り組む。

社有林は、今金の山林(約1800ha ※東京ドーム385個分)を中心に徐々にその規模を拡大しており、将来は3000haを目標にしています。森林の育成は人類としての責任を果たす事業。本業である道路整備事業と並行して、公共事業で得た利益を社会に還元する事業として、今後も山に緑をよみがえらせていきたいと考えています。

TOPICS

民有林造林コンクールで林野長官賞を受賞

民有林造林コンクールで林野長官賞を受

受賞の対象になったのは、当社が北海道瀬棚郡今金町に所有する0.72haのトドマツ林で、森林施業の計画性や造林、保育状況などを審査した結果、満点の100点を獲得しました。1970年から植栽を始め、現在、留寿都村に68.3ha、今金町に1830.1haの社有林を所有し、常駐の管理人が除間伐を行い保育作業を実施しています。

今回の受賞は、無立木地を購入し社会還元として長期間植林を進めたことに加え、地元雇用による地域貢献、適切な森林作業路の配置、適切な密度管理を実施したこと、また、明確な施業目的を持ち自ら施業に参画したことなどが高く評価された結果です。

過去には、平成5年に北海道産業貢献賞、平成8年には後志支庁管内民有林造林コンクール優秀賞、平成11年には東北・北海道地区民有林造林コンクール林野庁長官賞、平成19年には、ほっかいどう森づくりコンクール トドマツ部門最優秀賞を受賞しています。

環境への取り組み

かけがえのない自然への「お返し」