JOB

PLANT/MACHINE

合材プラント・重機操作など
幅広い技術の専門家

機械系の仕事

機械系には大きく2つの仕事があります。ひとつは合材工場や環境管理事務所に勤務する総合機械職。プラントではパソコンを操作して合材(舗装の材料)の製造や出荷業務を行うと共に、建設機械の操作や保守点検、維持管理を行います。もう一つは施工現場での大型機械の操縦です。

仕事のやりがい

工事現場で
頼みにされる技術力

実際に施工現場で使われるフィニッシャーやローラーなど大型機械を一通り操縦できるようになります。機械の不調や現場の状況変化に合わせて、その場で機械の点検をすることもありますが、現場で技術力を頼りにされるときにはやはりやりがいを実感します。

道路の品質や出来栄えを
左右する仕事

自分の手を動かして機械の整備や修理ができることは、機械好きにとってはやりがいのある職場です。特に合材の製造を行うプラントでの業務は、合材の出来が道路の品質に大きく影響するものなので、日々、責任感を持って仕事をしています。

主な取得資格

  • ・1級建設機械施工技士
  • ・2級建設機械施工技士
  • ・公害防止管理者

CAREER UP

キャリアアップ

  • 新入社員

    先輩の下につき、重機の操作・整備や工場の業務について学ぶ。

  • 係員

    先輩のフォローを受けつつ、工場の製造出荷業務や重機による施工を担当する。

  • 機会主任

    工場の製造・出荷・販売や重機の整備管理を行うと共に後輩の指導にもあたる。

  • (係長)
    工事長
    機械長

    工場全体の管理として製造・出荷・販売以外に、価格決定等の対渉も行う。

  • (課長)
    機械主幹

    部下を通して工場や重機、人員等の管理業務を行うと共に、後進の育成を行う。

  • 部長

    機械部門の長として、各地の工場や人員などを相対的に管理する。

PHOTO

仕事の様子

SPECIAL MOVIE

施工現場を知る

そこに立つものにしか感じることができない
施工現場の迫力と臨場感!
重機オペレーター目線で体感しよう!

PLAY

道路工業をもっと知る

コーポレートサイトへ